今だから・・・コロナウイルス感染症って??

2020年07月29日

新型コロナウイルス感染症とは今までに人で感染が確認されていなかった新種のウイルスが原因の病気です。症状は発熱や咳、また全身の倦怠感や頭痛を訴えることが多いです。最近ではウイルスの型が変異してきており腹痛や嘔吐、吐き気を訴える患者様も多く認められてきています。
今回の第2波と言われている型は、今のところ若年者に多いためか熱もなく無症状、なんとなく怠くて疲れてるなどの日常でよくある症状の方も多く見られています。しかし・・・とうとう岩手県にも患者さんが出て47都道府県全域に感染が確認された今日、少しづつ感染者の高齢化が明らかになってきています。
高齢者の方は高血圧や糖尿病などをはじめ持病を持つ方が多く、感染すると重症化しやすいとわかっています。ご両親、祖父母、兄弟、家族の命を守ることができるのは皆の自覚と感染予防行動、感染発見行動です。
最近では政府もPCR検査を受けることを推奨していますので少しでも体調不良を感じられた場合は積極的にPCR検査を受けるようにしてください。

感染経路は・・と心配される患者様が多いですが現時点では飛沫感染と接触感染の二つが考えられていますが最近では空気感染も疑わしいと言われています。

飛沫感染・・・感染者のくしゃみ🤧や咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出されます別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所に多く起こります。

接触感染・・・感染者が🤧くしゃみや咳を手で押さえてその手で周りのものに触れてウイルスがつきます。別の人がその物に触れてウイルスが手に付着してその手で口や鼻を触って粘膜から感染します。電車やバスの吊り革、ドアノブ、スイッチなど家庭内でも起こりやすいようです。

過剰に心配したり、感染者や濃厚接触者に対して偏見を持ったりしないでください。手洗い・うがい・マスクの着用・三密回避・咳エチケットなどの通常の感染症対策が一番重要と思われます。
少しでも怪しいと思ったら検査をして感染爆発を予防しましょう。